ゼロの使い魔~ダンブルドア異世界記~ 私、ある時麻雀物語で大当たりした時に天井打ちをしたんだよね。そうするとなんだか連荘した。それから大当たりのときは天井打ちをすることにしたのだが、これもう明らかに連荘率が高くなっていた。天井打ちをすれば連荘率が上がるなんていうのはオカルトだとは思ったのだけれど、別に大当たりの時に天井打ちをしても損をするわけでもないので、そのままにしておいた。結局何十万かは勝ったと思う。 麻雀物語末期のころ、パチンコ雑誌に麻雀物語必勝法と言うのが載っていて、それによると大当たり時開放チャッカーに玉が入ったとき、その入った玉と玉との間隔が短いパターンが多いほど連荘しやすいという。ならばだよ、大当たり時に普通に打つよりも、天井打ちしたほうがいいよね。なぜなら普通に打てば左からのみチャッカーに入るが、天井打ちすれば左右両方から玉が入るから。 ただウィキには麻雀物語には必勝法はないと書いてあるし、なんせ25年以上前の事なので私の記憶も確実と言うわけでもない。ただ当時の私が、仮説が真実となるんだなんて奇妙な感動を覚えたことは事実だ。 では私の仮説が真実だとして、何のためにパチンコメーカーはそのようなプログラムを作ったのか?">

パチンコ バレリーナ 確率

19.08.2021
385

麻雀物語とは25年以上前の台だ。初めての液晶搭載セブン機だった。今は液晶パチンコ台なんて当たり前なのだけれど、25年前当時、あの麻雀物語の液晶は衝撃的だった。              麻雀物語という台の特徴なんだけれど、保留玉連荘というちょっと今ではききなれないシステムだった。大当たりして玉を打っていると、自然と保留玉が4つたまるというのは今と同じなのだけれど、この保留玉4つの大当たり確率が高いというものだ。今で言うとST4回ということになるだろう。 私、ある時麻雀物語で大当たりした時に天井打ちをしたんだよね。そうするとなんだか連荘した。それから大当たりのときは天井打ちをすることにしたのだが、これもう明らかに連荘率が高くなっていた。天井打ちをすれば連荘率が上がるなんていうのはオカルトだとは思ったのだけれど、別に大当たりの時に天井打ちをしても損をするわけでもないので、そのままにしておいた。結局何十万かは勝ったと思う。 麻雀物語末期のころ、パチンコ雑誌に麻雀物語必勝法と言うのが載っていて、それによると大当たり時開放チャッカーに玉が入ったとき、その入った玉と玉との間隔が短いパターンが多いほど連荘しやすいという。ならばだよ、大当たり時に普通に打つよりも、天井打ちしたほうがいいよね。なぜなら普通に打てば左からのみチャッカーに入るが、天井打ちすれば左右両方から玉が入るから。 ただウィキには麻雀物語には必勝法はないと書いてあるし、なんせ25年以上前の事なので私の記憶も確実と言うわけでもない。ただ当時の私が、仮説が真実となるんだなんて奇妙な感動を覚えたことは事実だ。 では私の仮説が真実だとして、何のためにパチンコメーカーはそのようなプログラムを作ったのか?

もう20年ぐらい前か。あんたはえらいEXという機種があった。                                  スペックは 突入率3分の1で3連荘が確定、大当り1回の出玉は2300個、確率は230分の1、というものだった。 当時は今のような等価交換無制限というのではなく、一玉4円買い2. 麻雀物語とは25年以上前の台だ。初めての液晶搭載セブン機だった。今は液晶パチンコ台なんて当たり前なのだけれど、25年前当時、あの麻雀物語の液晶は衝撃的だった。              麻雀物語という台の特徴なんだけれど、保留玉連荘というちょっと今ではききなれないシステムだった。大当たりして玉を打っていると、自然と保留玉が4つたまるというのは今と同じなのだけれど、この保留玉4つの大当たり確率が高いというものだ。今で言うとST4回ということになるだろう。 私、ある時麻雀物語で大当たりした時に天井打ちをしたんだよね。そうするとなんだか連荘した。それから大当たりのときは天井打ちをすることにしたのだが、これもう明らかに連荘率が高くなっていた。天井打ちをすれば連荘率が上がるなんていうのはオカルトだとは思ったのだけれど、別に大当たりの時に天井打ちをしても損をするわけでもないので、そのままにしておいた。結局何十万かは勝ったと思う。 麻雀物語末期のころ、パチンコ雑誌に麻雀物語必勝法と言うのが載っていて、それによると大当たり時開放チャッカーに玉が入ったとき、その入った玉と玉との間隔が短いパターンが多いほど連荘しやすいという。ならばだよ、大当たり時に普通に打つよりも、天井打ちしたほうがいいよね。なぜなら普通に打てば左からのみチャッカーに入るが、天井打ちすれば左右両方から玉が入るから。 ただウィキには麻雀物語には必勝法はないと書いてあるし、なんせ25年以上前の事なので私の記憶も確実と言うわけでもない。ただ当時の私が、仮説が真実となるんだなんて奇妙な感動を覚えたことは事実だ。 では私の仮説が真実だとして、何のためにパチンコメーカーはそのようなプログラムを作ったのか?

もう20年ぐらい前か。あんたはえらいEXという機種があった。                                  スペックは 突入率3分の1で3連荘が確定、大当り1回の出玉は2300個、確率は230分の1、というものだった。 当時は今のような等価交換無制限というのではなく、一玉4円買い2. それは誰かを儲けさせるためだろう。 誰が儲かったのかなんていうのはいまさらどうでもいいことなのだが、その儲けを誰が帳尻を合わせたのか? 麻雀物語とは25年以上前の台だ。初めての液晶搭載セブン機だった。今は液晶パチンコ台なんて当たり前なのだけれど、25年前当時、あの麻雀物語の液晶は衝撃的だった。              麻雀物語という台の特徴なんだけれど、保留玉連荘というちょっと今ではききなれないシステムだった。大当たりして玉を打っていると、自然と保留玉が4つたまるというのは今と同じなのだけれど、この保留玉4つの大当たり確率が高いというものだ。今で言うとST4回ということになるだろう。 私、ある時麻雀物語で大当たりした時に天井打ちをしたんだよね。そうするとなんだか連荘した。それから大当たりのときは天井打ちをすることにしたのだが、これもう明らかに連荘率が高くなっていた。天井打ちをすれば連荘率が上がるなんていうのはオカルトだとは思ったのだけれど、別に大当たりの時に天井打ちをしても損をするわけでもないので、そのままにしておいた。結局何十万かは勝ったと思う。 麻雀物語末期のころ、パチンコ雑誌に麻雀物語必勝法と言うのが載っていて、それによると大当たり時開放チャッカーに玉が入ったとき、その入った玉と玉との間隔が短いパターンが多いほど連荘しやすいという。ならばだよ、大当たり時に普通に打つよりも、天井打ちしたほうがいいよね。なぜなら普通に打てば左からのみチャッカーに入るが、天井打ちすれば左右両方から玉が入るから。 モンスターレース2 rom では私の仮説が真実だとして、何のためにパチンコメーカーはそのようなプログラムを作ったのか?

それは誰かを儲けさせるためだろう。 誰が儲かったのかなんていうのはいまさらどうでもいいことなのだが、その儲けを誰が帳尻を合わせたのか? ビッグシューターという羽ものがある。伝説の名機。 25年以上前からあるし、そこからバージョンチェンジを重ねて現在でも現役機がある。                                                        ビッグシューターで大事なことは、羽の拾った玉がどれだけ真ん中に寄るかということ。これは羽のバネの具合が弱い台をまず探すのだけれど、これを見つけただけでは勝てない。羽の具合の弱い台がさらに弱くなるのを何ヶ月か待つんだよね。                                                            5年ぐらい前か、土曜日の仕事帰りに狙っていたビッグシューター台を打って見たらすごく具合がいい。いやこれはもうかなり熟成されていると判断して、翌日日曜日に朝一9時からビッグシューターを打ち始めた。実際その台の具合はカンペキだった。30分も打った時点で、これは一日3万発コースだと確信した。     メシも食べずに夜9時まで12時間打ち続けて、発を積み上げた。箱を積みあげるタイプの店だとビッグシューターに20箱以上積み上げるわけだから目だってしょうがないところだったけれど、この店は玉数カウント方式を導入していたので、目立たなくてすんだ。目立たないと入っても、周りのオヤジ達は首をかしげながら私のほうをチラチラ見るし、店員には                                                   「この台でこんなに出した人は見たことがないです」                                     なんて喋りかけられたりした。そのパチンコ屋は10時半まで営業なので、9時の時点で発だったから、閉店までやれば発越は確実だったろう。ただ12時間も無休で打ち続けて、目は朦朧とするし右腕は震え出すしで体力の限界だった。結果発で撤収して、その店は1発4円の等価交換ではなく3.

麻雀物語とは25年以上前の台だ。初めての液晶搭載セブン機だった。今は液晶パチンコ台なんて当たり前なのだけれど、25年前当時、あの麻雀物語の液晶は衝撃的だった。              麻雀物語という台の特徴なんだけれど、保留玉連荘というちょっと今ではききなれないシステムだった。大当たりして玉を打っていると、自然と保留玉が4つたまるというのは今と同じなのだけれど、この保留玉4つの大当たり確率が高いというものだ。今で言うとST4回ということになるだろう。 私、ある時麻雀物語で大当たりした時に天井打ちをしたんだよね。そうするとなんだか連荘した。それから大当たりのときは天井打ちをすることにしたのだが、これもう明らかに連荘率が高くなっていた。天井打ちをすれば連荘率が上がるなんていうのはオカルトだとは思ったのだけれど、別に大当たりの時に天井打ちをしても損をするわけでもないので、そのままにしておいた。結局何十万かは勝ったと思う。 麻雀物語末期のころ、パチンコ雑誌に麻雀物語必勝法と言うのが載っていて、それによると大当たり時開放チャッカーに玉が入ったとき、その入った玉と玉との間隔が短いパターンが多いほど連荘しやすいという。ならばだよ、大当たり時に普通に打つよりも、天井打ちしたほうがいいよね。なぜなら普通に打てば左からのみチャッカーに入るが、天井打ちすれば左右両方から玉が入るから。 ただウィキには麻雀物語には必勝法はないと書いてあるし、なんせ25年以上前の事なので私の記憶も確実と言うわけでもない。ただ当時の私が、仮説が真実となるんだなんて奇妙な感動を覚えたことは事実だ。 では私の仮説が真実だとして、何のためにパチンコメーカーはそのようなプログラムを作ったのか?

25                                                                                                                    59303     91220                                                                                        子宝線 ない. 20EX                                   1 42. 20EX                                   1 42.

麻雀物語とは25年以上前の台だ。初めての液晶搭載セブン機だった。今は液晶パチンコ台なんて当たり前なのだけれど、25年前当時、あの麻雀物語の液晶は衝撃的だった。              麻雀物語という台の特徴なんだけれど、保留玉連荘というちょっと今ではききなれないシステムだった。大当たりして玉を打っていると、自然と保留玉が4つたまるというのは今と同じなのだけれど、この保留玉4つの大当たり確率が高いというものだ。今で言うとST4回ということになるだろう。 私、ある時麻雀物語で大当たりした時に天井打ちをしたんだよね。そうするとなんだか連荘した。それから大当たりのときは天井打ちをすることにしたのだが、これもう明らかに連荘率が高くなっていた。天井打ちをすれば連荘率が上がるなんていうのはオカルトだとは思ったのだけれど、別に大当たりの時に天井打ちをしても損をするわけでもないので、そのままにしておいた。結局何十万かは勝ったと思う。 麻雀物語末期のころ、パチンコ雑誌に麻雀物語必勝法と言うのが載っていて、それによると大当たり時開放チャッカーに玉が入ったとき、その入った玉と玉との間隔が短いパターンが多いほど連荘しやすいという。ならばだよ、大当たり時に普通に打つよりも、天井打ちしたほうがいいよね。なぜなら普通に打てば左からのみチャッカーに入るが、天井打ちすれば左右両方から玉が入るから。 ただウィキには麻雀物語には必勝法はないと書いてあるし、なんせ25年以上前の事なので私の記憶も確実と言うわけでもない。ただ当時の私が、仮説が真実となるんだなんて奇妙な感動を覚えたことは事実だ。 では私の仮説が真実だとして、何のためにパチンコメーカーはそのようなプログラムを作ったのか? もう20年ぐらい前か。あんたはえらいEXという機種があった。                                  スペックは 突入率3分の1で3連荘が確定、大当り1回の出玉は2300個、確率は230分の1、というものだった。 当時は今のような等価交換無制限というのではなく、一玉4円買い2. 麻雀物語とは25年以上前の台だ。初めての液晶搭載セブン機だった。今は液晶パチンコ台なんて当たり前なのだけれど、25年前当時、あの麻雀物語の液晶は衝撃的だった。              麻雀物語という台の特徴なんだけれど、保留玉連荘というちょっと今ではききなれないシステムだった。大当たりして玉を打っていると、自然と保留玉が4つたまるというのは今と同じなのだけれど、この保留玉4つの大当たり確率が高いというものだ。今で言うとST4回ということになるだろう。 私、ある時麻雀物語で大当たりした時に天井打ちをしたんだよね。そうするとなんだか連荘した。それから大当たりのときは天井打ちをすることにしたのだが、これもう明らかに連荘率が高くなっていた。天井打ちをすれば連荘率が上がるなんていうのはオカルトだとは思ったのだけれど、別に大当たりの時に天井打ちをしても損をするわけでもないので、そのままにしておいた。結局何十万かは勝ったと思う。 麻雀物語末期のころ、パチンコ雑誌に麻雀物語必勝法と言うのが載っていて、それによると大当たり時開放チャッカーに玉が入ったとき、その入った玉と玉との間隔が短いパターンが多いほど連荘しやすいという。ならばだよ、大当たり時に普通に打つよりも、天井打ちしたほうがいいよね。なぜなら普通に打てば左からのみチャッカーに入るが、天井打ちすれば左右両方から玉が入るから。 ただウィキには麻雀物語には必勝法はないと書いてあるし、なんせ25年以上前の事なので私の記憶も確実と言うわけでもない。ただ当時の私が、仮説が真実となるんだなんて奇妙な感動を覚えたことは事実だ。 では私の仮説が真実だとして、何のためにパチンコメーカーはそのようなプログラムを作ったのか?

大当たり確率を科学する

ビッグシューターという羽ものがある。伝説の名機。 25年以上前からあるし、そこからバージョンチェンジを重ねて現在でも現役機がある。                                                        ビッグシューターで大事なことは、羽の拾った玉がどれだけ真ん中に寄るかということ。これは羽のバネの具合が弱い台をまず探すのだけれど、これを見つけただけでは勝てない。羽の具合の弱い台がさらに弱くなるのを何ヶ月か待つんだよね。                                                            5年ぐらい前か、土曜日の仕事帰りに狙っていたビッグシューター台を打って見たらすごく具合がいい。いやこれはもうかなり熟成されていると判断して、翌日日曜日に朝一9時からビッグシューターを打ち始めた。実際その台の具合はカンペキだった。30分も打った時点で、これは一日3万発コースだと確信した。     メシも食べずに夜9時まで12時間打ち続けて、発を積み上げた。箱を積みあげるタイプの店だとビッグシューターに20箱以上積み上げるわけだから目だってしょうがないところだったけれど、この店は玉数カウント方式を導入していたので、目立たなくてすんだ。目立たないと入っても、周りのオヤジ達は首をかしげながら私のほうをチラチラ見るし、店員には                                                   「この台でこんなに出した人は見たことがないです」                                     なんて喋りかけられたりした。そのパチンコ屋は10時半まで営業なので、9時の時点で発だったから、閉店までやれば発越は確実だったろう。ただ12時間も無休で打ち続けて、目は朦朧とするし右腕は震え出すしで体力の限界だった。結果発で撤収して、その店は1発4円の等価交換ではなく3.

麻雀物語とは25年以上前の台だ。初めての液晶搭載セブン機だった。今は液晶パチンコ台なんて当たり前なのだけれど、25年前当時、あの麻雀物語の液晶は衝撃的だった。              麻雀物語という台の特徴なんだけれど、保留玉連荘というちょっと今ではききなれないシステムだった。大当たりして玉を打っていると、自然と保留玉が4つたまるというのは今と同じなのだけれど、この保留玉4つの大当たり確率が高いというものだ。今で言うとST4回ということになるだろう。 私、ある時麻雀物語で大当たりした時に天井打ちをしたんだよね。そうするとなんだか連荘した。それから大当たりのときは天井打ちをすることにしたのだが、これもう明らかに連荘率が高くなっていた。天井打ちをすれば連荘率が上がるなんていうのはオカルトだとは思ったのだけれど、別に大当たりの時に天井打ちをしても損をするわけでもないので、そのままにしておいた。結局何十万かは勝ったと思う。 麻雀物語末期のころ、パチンコ雑誌に麻雀物語必勝法と言うのが載っていて、それによると大当たり時開放チャッカーに玉が入ったとき、その入った玉と玉との間隔が短いパターンが多いほど連荘しやすいという。ならばだよ、大当たり時に普通に打つよりも、天井打ちしたほうがいいよね。なぜなら普通に打てば左からのみチャッカーに入るが、天井打ちすれば左右両方から玉が入るから。 ただウィキには麻雀物語には必勝法はないと書いてあるし、なんせ25年以上前の事なので私の記憶も確実と言うわけでもない。ただ当時の私が、仮説が真実となるんだなんて奇妙な感動を覚えたことは事実だ。 では私の仮説が真実だとして、何のためにパチンコメーカーはそのようなプログラムを作ったのか?

麻雀物語とは25年以上前の台だ。初めての液晶搭載セブン機だった。今は液晶パチンコ台なんて当たり前なのだけれど、25年前当時、あの麻雀物語の液晶は衝撃的だった。              麻雀物語という台の特徴なんだけれど、保留玉連荘というちょっと今ではききなれないシステムだった。大当たりして玉を打っていると、自然と保留玉が4つたまるというのは今と同じなのだけれど、この保留玉4つの大当たり確率が高いというものだ。今で言うとST4回ということになるだろう。 私、ある時麻雀物語で大当たりした時に天井打ちをしたんだよね。そうするとなんだか連荘した。それから大当たりのときは天井打ちをすることにしたのだが、これもう明らかに連荘率が高くなっていた。天井打ちをすれば連荘率が上がるなんていうのはオカルトだとは思ったのだけれど、別に大当たりの時に天井打ちをしても損をするわけでもないので、そのままにしておいた。結局何十万かは勝ったと思う。 おシャケ ただウィキには麻雀物語には必勝法はないと書いてあるし、なんせ25年以上前の事なので私の記憶も確実と言うわけでもない。ただ当時の私が、仮説が真実となるんだなんて奇妙な感動を覚えたことは事実だ。 では私の仮説が真実だとして、何のためにパチンコメーカーはそのようなプログラムを作ったのか?

もう20年ぐらい前か。あんたはえらいEXという機種があった。                                  スペックは 突入率3分の1で3連荘が確定、大当り1回の出玉は2300個、確率は230分の1、というものだった。 当時は今のような等価交換無制限というのではなく、一玉4円買い2. 麻雀物語とは25年以上前の台だ。初めての液晶搭載セブン機だった。今は液晶パチンコ台なんて当たり前なのだけれど、25年前当時、あの麻雀物語の液晶は衝撃的だった。              麻雀物語という台の特徴なんだけれど、保留玉連荘というちょっと今ではききなれないシステムだった。大当たりして玉を打っていると、自然と保留玉が4つたまるというのは今と同じなのだけれど、この保留玉4つの大当たり確率が高いというものだ。今で言うとST4回ということになるだろう。 私、ある時麻雀物語で大当たりした時に天井打ちをしたんだよね。そうするとなんだか連荘した。それから大当たりのときは天井打ちをすることにしたのだが、これもう明らかに連荘率が高くなっていた。天井打ちをすれば連荘率が上がるなんていうのはオカルトだとは思ったのだけれど、別に大当たりの時に天井打ちをしても損をするわけでもないので、そのままにしておいた。結局何十万かは勝ったと思う。 麻雀物語末期のころ、パチンコ雑誌に麻雀物語必勝法と言うのが載っていて、それによると大当たり時開放チャッカーに玉が入ったとき、その入った玉と玉との間隔が短いパターンが多いほど連荘しやすいという。ならばだよ、大当たり時に普通に打つよりも、天井打ちしたほうがいいよね。なぜなら普通に打てば左からのみチャッカーに入るが、天井打ちすれば左右両方から玉が入るから。 ただウィキには麻雀物語には必勝法はないと書いてあるし、なんせ25年以上前の事なので私の記憶も確実と言うわけでもない。ただ当時の私が、仮説が真実となるんだなんて奇妙な感動を覚えたことは事実だ。 では私の仮説が真実だとして、何のためにパチンコメーカーはそのようなプログラムを作ったのか?

それは誰かを儲けさせるためだろう。 誰が儲かったのかなんていうのはいまさらどうでもいいことなのだが、その儲けを誰が帳尻を合わせたのか?

  • ビッグシューターという羽ものがある。伝説の名機。 25年以上前からあるし、そこからバージョンチェンジを重ねて現在でも現役機がある。                                                        ビッグシューターで大事なことは、羽の拾った玉がどれだけ真ん中に寄るかということ。これは羽のバネの具合が弱い台をまず探すのだけれど、これを見つけただけでは勝てない。羽の具合の弱い台がさらに弱くなるのを何ヶ月か待つんだよね。                                                            5年ぐらい前か、土曜日の仕事帰りに狙っていたビッグシューター台を打って見たらすごく具合がいい。いやこれはもうかなり熟成されていると判断して、翌日日曜日に朝一9時からビッグシューターを打ち始めた。実際その台の具合はカンペキだった。30分も打った時点で、これは一日3万発コースだと確信した。     メシも食べずに夜9時まで12時間打ち続けて、発を積み上げた。箱を積みあげるタイプの店だとビッグシューターに20箱以上積み上げるわけだから目だってしょうがないところだったけれど、この店は玉数カウント方式を導入していたので、目立たなくてすんだ。目立たないと入っても、周りのオヤジ達は首をかしげながら私のほうをチラチラ見るし、店員には                                                   「この台でこんなに出した人は見たことがないです」                                     なんて喋りかけられたりした。そのパチンコ屋は10時半まで営業なので、9時の時点で発だったから、閉店までやれば発越は確実だったろう。ただ12時間も無休で打ち続けて、目は朦朧とするし右腕は震え出すしで体力の限界だった。結果発で撤収して、その店は1発4円の等価交換ではなく3.
  • 麻雀物語とは25年以上前の台だ。初めての液晶搭載セブン機だった。今は液晶パチンコ台なんて当たり前なのだけれど、25年前当時、あの麻雀物語の液晶は衝撃的だった。              麻雀物語という台の特徴なんだけれど、保留玉連荘というちょっと今ではききなれないシステムだった。大当たりして玉を打っていると、自然と保留玉が4つたまるというのは今と同じなのだけれど、この保留玉4つの大当たり確率が高いというものだ。今で言うとST4回ということになるだろう。 私、ある時麻雀物語で大当たりした時に天井打ちをしたんだよね。そうするとなんだか連荘した。それから大当たりのときは天井打ちをすることにしたのだが、これもう明らかに連荘率が高くなっていた。天井打ちをすれば連荘率が上がるなんていうのはオカルトだとは思ったのだけれど、別に大当たりの時に天井打ちをしても損をするわけでもないので、そのままにしておいた。結局何十万かは勝ったと思う。 麻雀物語末期のころ、パチンコ雑誌に麻雀物語必勝法と言うのが載っていて、それによると大当たり時開放チャッカーに玉が入ったとき、その入った玉と玉との間隔が短いパターンが多いほど連荘しやすいという。ならばだよ、大当たり時に普通に打つよりも、天井打ちしたほうがいいよね。なぜなら普通に打てば左からのみチャッカーに入るが、天井打ちすれば左右両方から玉が入るから。 ただウィキには麻雀物語には必勝法はないと書いてあるし、なんせ25年以上前の事なので私の記憶も確実と言うわけでもない。ただ当時の私が、仮説が真実となるんだなんて奇妙な感動を覚えたことは事実だ。 では私の仮説が真実だとして、何のためにパチンコメーカーはそのようなプログラムを作ったのか? それは誰かを儲けさせるためだろう。 誰が儲かったのかなんていうのはいまさらどうでもいいことなのだが、その儲けを誰が帳尻を合わせたのか?

ST !               ST. 20EX                                   1 42. 25                                                                                                                    59303     91220                                                                                        10912143.

CRシャカリーナVV

それは誰かを儲けさせるためだろう。 誰が儲かったのかなんていうのはいまさらどうでもいいことなのだが、その儲けを誰が帳尻を合わせたのか? ビッグシューターという羽ものがある。伝説の名機。 25年以上前からあるし、そこからバージョンチェンジを重ねて現在でも現役機がある。                                                        ビッグシューターで大事なことは、羽の拾った玉がどれだけ真ん中に寄るかということ。これは羽のバネの具合が弱い台をまず探すのだけれど、これを見つけただけでは勝てない。羽の具合の弱い台がさらに弱くなるのを何ヶ月か待つんだよね。                                                            5年ぐらい前か、土曜日の仕事帰りに狙っていたビッグシューター台を打って見たらすごく具合がいい。いやこれはもうかなり熟成されていると判断して、翌日日曜日に朝一9時からビッグシューターを打ち始めた。実際その台の具合はカンペキだった。30分も打った時点で、これは一日3万発コースだと確信した。     メシも食べずに夜9時まで12時間打ち続けて、発を積み上げた。箱を積みあげるタイプの店だとビッグシューターに20箱以上積み上げるわけだから目だってしょうがないところだったけれど、この店は玉数カウント方式を導入していたので、目立たなくてすんだ。目立たないと入っても、周りのオヤジ達は首をかしげながら私のほうをチラチラ見るし、店員には                                                   「この台でこんなに出した人は見たことがないです」                                     なんて喋りかけられたりした。そのパチンコ屋は10時半まで営業なので、9時の時点で発だったから、閉店までやれば発越は確実だったろう。ただ12時間も無休で打ち続けて、目は朦朧とするし右腕は震え出すしで体力の限界だった。結果発で撤収して、その店は1発4円の等価交換ではなく3.

もう20年ぐらい前か。あんたはえらいEXという機種があった。                                  スペックは 突入率3分の1で3連荘が確定、大当り1回の出玉は2300個、確率は230分の1、というものだった。 当時は今のような等価交換無制限というのではなく、一玉4円買い2. それは誰かを儲けさせるためだろう。 誰が儲かったのかなんていうのはいまさらどうでもいいことなのだが、その儲けを誰が帳尻を合わせたのか?

20EX                                   1 42.               ST.  25                                                                                                                    59303     91220                                                                                        10912143.               ST.               恋幕の情 .

「バレリーナ_(パチンコ)」のQ&A

ビッグシューターという羽ものがある。伝説の名機。 25年以上前からあるし、そこからバージョンチェンジを重ねて現在でも現役機がある。                                                        ビッグシューターで大事なことは、羽の拾った玉がどれだけ真ん中に寄るかということ。これは羽のバネの具合が弱い台をまず探すのだけれど、これを見つけただけでは勝てない。羽の具合の弱い台がさらに弱くなるのを何ヶ月か待つんだよね。                                                            5年ぐらい前か、土曜日の仕事帰りに狙っていたビッグシューター台を打って見たらすごく具合がいい。いやこれはもうかなり熟成されていると判断して、翌日日曜日に朝一9時からビッグシューターを打ち始めた。実際その台の具合はカンペキだった。30分も打った時点で、これは一日3万発コースだと確信した。     メシも食べずに夜9時まで12時間打ち続けて、発を積み上げた。箱を積みあげるタイプの店だとビッグシューターに20箱以上積み上げるわけだから目だってしょうがないところだったけれど、この店は玉数カウント方式を導入していたので、目立たなくてすんだ。目立たないと入っても、周りのオヤジ達は首をかしげながら私のほうをチラチラ見るし、店員には                                                   「この台でこんなに出した人は見たことがないです」                                     なんて喋りかけられたりした。そのパチンコ屋は10時半まで営業なので、9時の時点で発だったから、閉店までやれば発越は確実だったろう。ただ12時間も無休で打ち続けて、目は朦朧とするし右腕は震え出すしで体力の限界だった。結果発で撤収して、その店は1発4円の等価交換ではなく3.

ビッグシューターという羽ものがある。伝説の名機。 25年以上前からあるし、そこからバージョンチェンジを重ねて現在でも現役機がある。                                                        ビッグシューターで大事なことは、羽の拾った玉がどれだけ真ん中に寄るかということ。これは羽のバネの具合が弱い台をまず探すのだけれど、これを見つけただけでは勝てない。羽の具合の弱い台がさらに弱くなるのを何ヶ月か待つんだよね。                                                            5年ぐらい前か、土曜日の仕事帰りに狙っていたビッグシューター台を打って見たらすごく具合がいい。いやこれはもうかなり熟成されていると判断して、翌日日曜日に朝一9時からビッグシューターを打ち始めた。実際その台の具合はカンペキだった。30分も打った時点で、これは一日3万発コースだと確信した。     メシも食べずに夜9時まで12時間打ち続けて、発を積み上げた。箱を積みあげるタイプの店だとビッグシューターに20箱以上積み上げるわけだから目だってしょうがないところだったけれど、この店は玉数カウント方式を導入していたので、目立たなくてすんだ。目立たないと入っても、周りのオヤジ達は首をかしげながら私のほうをチラチラ見るし、店員には                                                   「この台でこんなに出した人は見たことがないです」                                     なんて喋りかけられたりした。そのパチンコ屋は10時半まで営業なので、9時の時点で発だったから、閉店までやれば発越は確実だったろう。ただ12時間も無休で打ち続けて、目は朦朧とするし右腕は震え出すしで体力の限界だった。結果発で撤収して、その店は1発4円の等価交換ではなく3.

もう20年ぐらい前か。あんたはえらいEXという機種があった。                                  スペックは 突入率3分の1で3連荘が確定、大当り1回の出玉は2300個、確率は230分の1、というものだった。 当時は今のような等価交換無制限というのではなく、一玉4円買い2. 浦原喜助 夜一                                  スペックは 突入率3分の1で3連荘が確定、大当り1回の出玉は2300個、確率は230分の1、というものだった。 当時は今のような等価交換無制限というのではなく、一玉4円買い2.

ビッグシューターという羽ものがある。伝説の名機。 25年以上前からあるし、そこからバージョンチェンジを重ねて現在でも現役機がある。                                                        ビッグシューターで大事なことは、羽の拾った玉がどれだけ真ん中に寄るかということ。これは羽のバネの具合が弱い台をまず探すのだけれど、これを見つけただけでは勝てない。羽の具合の弱い台がさらに弱くなるのを何ヶ月か待つんだよね。                                                            5年ぐらい前か、土曜日の仕事帰りに狙っていたビッグシューター台を打って見たらすごく具合がいい。いやこれはもうかなり熟成されていると判断して、翌日日曜日に朝一9時からビッグシューターを打ち始めた。実際その台の具合はカンペキだった。30分も打った時点で、これは一日3万発コースだと確信した。     メシも食べずに夜9時まで12時間打ち続けて、発を積み上げた。箱を積みあげるタイプの店だとビッグシューターに20箱以上積み上げるわけだから目だってしょうがないところだったけれど、この店は玉数カウント方式を導入していたので、目立たなくてすんだ。目立たないと入っても、周りのオヤジ達は首をかしげながら私のほうをチラチラ見るし、店員には                                                   「この台でこんなに出した人は見たことがないです」                                     なんて喋りかけられたりした。そのパチンコ屋は10時半まで営業なので、9時の時点で発だったから、閉店までやれば発越は確実だったろう。ただ12時間も無休で打ち続けて、目は朦朧とするし右腕は震え出すしで体力の限界だった。結果発で撤収して、その店は1発4円の等価交換ではなく3.

それは誰かを儲けさせるためだろう。 誰が儲かったのかなんていうのはいまさらどうでもいいことなのだが、その儲けを誰が帳尻を合わせたのか?

ST.               ST.               ST.  25                                                                                                                    59303     91220                                                                                        10912143.  25                                                                                                                    59303     91220                                                                                        10912143.

20EX                                   1 42.

もう20年ぐらい前か。あんたはえらいEXという機種があった。                                  スペックは 突入率3分の1で3連荘が確定、大当り1回の出玉は2300個、確率は230分の1、というものだった。 当時は今のような等価交換無制限というのではなく、一玉4円買い2. 麻雀物語とは25年以上前の台だ。初めての液晶搭載セブン機だった。今は液晶パチンコ台なんて当たり前なのだけれど、25年前当時、あの麻雀物語の液晶は衝撃的だった。              麻雀物語という台の特徴なんだけれど、保留玉連荘というちょっと今ではききなれないシステムだった。大当たりして玉を打っていると、自然と保留玉が4つたまるというのは今と同じなのだけれど、この保留玉4つの大当たり確率が高いというものだ。今で言うとST4回ということになるだろう。 私、ある時麻雀物語で大当たりした時に天井打ちをしたんだよね。そうするとなんだか連荘した。それから大当たりのときは天井打ちをすることにしたのだが、これもう明らかに連荘率が高くなっていた。天井打ちをすれば連荘率が上がるなんていうのはオカルトだとは思ったのだけれど、別に大当たりの時に天井打ちをしても損をするわけでもないので、そのままにしておいた。結局何十万かは勝ったと思う。 麻雀物語末期のころ、パチンコ雑誌に麻雀物語必勝法と言うのが載っていて、それによると大当たり時開放チャッカーに玉が入ったとき、その入った玉と玉との間隔が短いパターンが多いほど連荘しやすいという。ならばだよ、大当たり時に普通に打つよりも、天井打ちしたほうがいいよね。なぜなら普通に打てば左からのみチャッカーに入るが、天井打ちすれば左右両方から玉が入るから。 ただウィキには麻雀物語には必勝法はないと書いてあるし、なんせ25年以上前の事なので私の記憶も確実と言うわけでもない。ただ当時の私が、仮説が真実となるんだなんて奇妙な感動を覚えたことは事実だ。 では私の仮説が真実だとして、何のためにパチンコメーカーはそのようなプログラムを作ったのか?

それは誰かを儲けさせるためだろう。 誰が儲かったのかなんていうのはいまさらどうでもいいことなのだが、その儲けを誰が帳尻を合わせたのか? それは誰かを儲けさせるためだろう。 誰が儲かったのかなんていうのはいまさらどうでもいいことなのだが、その儲けを誰が帳尻を合わせたのか?

20EX                                   1 42. 25                                                                                                                    59303     91220                                                                                        10912143. 20EX                                   1 42.

              ST .

  • ポケモン ヒロイン アンチ
  • あつ 森 マイ デザイン 和風
  • ライブカメラ 湘南
  • 初期 の アンパンマン